設備一覧

トップ > 設備一覧

主要設備

横型5軸加工機

5軸加工機は、従来の3軸マシニングセンタやNC旋盤で加工できないワークを掴んだまま複雑形状を一度に加工可能です。また従来複数工程に渡っていた加工を集約することが可能です。ワークの機械間、工程間の移動がなくなるため、工数が掛かり、加工誤差増大の原因となるワークの掴み代えが発生しません。結果、加工リードタイムの短縮とワークの高精度化が可能になります。中でも横型の5軸加工機は縦型の加工機と比較して複雑形状部品の高精度加工に向いた加工機であり、光洋精機の主力加工機となっています。

光洋精機が保有している安田工業の機械は特に高精度を実現できる機械として、世界的に非常に高く評価されており、一般に超高精度の部品加工や金型の加工等に用いられています。

牧野フライス(写真右)の5軸加工機は、特に多品種少量~中量生産が多い光洋精機の生産体制に合わせた特注仕様の機械です。 工作機械にはAWC(オートワークチェンジャー)というワークを自動的に交換し、人の手が介在せず、違うワークの加工を続けることができる機構がありますが、このAWCが処理できるワーク数を一般的なケースの10倍以上にした仕様で、特注製造しています。

これらの機械により、光洋精機は複雑形状・高精度部品の多品種少量生産体制を可能にしています。

CNC複合自動旋盤

 一般に丸物部品の大量生産品は、自動旋盤と呼ばれる機械で、丸材から順々に自動加工して作られます。

CNC複合自動旋盤(左写真)は、従来型の自動旋盤における旋盤加工に加え7軸を装備し、フライス加工を行うことができ、複雑形状への対応から、単純形状の加工まで行え、コストダウンと同時に高精度化を実現することが可能です。

プログラムを変えることで、無人で多品種少量の分生産も可能であり、光洋精機の生産体制を支える重要な機械です。

保有設備一覧

項目No. 設備、機械名、測定器等名 型式(クラス) メーカー名 台数 製造年度 仕様 (寸法、規格、性能) 精度
1 横型マシニングセンター a51-5XU、a51nx-5XU、H30i、H40i、MAM72-3VS、他 (株)牧野フライス製作所、安田工業(株)、他 8 1997-2016 X550 Y500 Z400
2 立型マシニングセンター OSU-545、FTV-500、YBM-850V、SV-403、MC-760V、S-700X1、他 (株)森精機、ブラザー工業(株)、他 10 1985-2016 X800 Y525 Z350
3 CNC複合自動旋盤 E-32、M-20、M-32、M-32V、NL2000、他 シチズン時計(株) 他 11 1990-2011 φ5-φ65バー使用
4 NC旋盤 NL3000、LG-6、TCN-2000Y L6、他 (株)森精機、(株)滝澤鉄工所 他 24 1996-2011 最大加工径φ450 10μ
5 汎用旋盤 MS-850、他 (株)森精機 他 5 1988-1994 最大加工径φ400 10μ
6 汎用フライス盤 VHR-SD、他 (株)静岡鉄工所 他 8 1976-1995 X820 Y300 Z272 10μ
7 ワイヤー放電加工機 FX20K、FA20 三菱電機(株) 2 1999-2001 X500 Y350 Z300
8 精密多条ネジ切盤 HL-3A、他 (株)長谷川機械製作所 他 3 1979-1980
9 平面研削盤 PSG84-DX (株)岡本工作機械製作所 1 1986.9
10 洗浄装置 アルカリ電解水洗浄システム 3M13864 新サン電子(株) 1 2011
11 三次元測定機 TST-600CNC、DuraMax、CRYSTA (株)ニコン、(株)東京精密、(株)ミツトヨ 4 2012-2014 X600 Y500 Z400
12 二次元測定機 MM-22(9VA) (株)ニコン 4 1983-2006 X300 Y200 Z200
13 画像寸法測定器 IM-6120 キーエンス 1 2013
14 オートコリメーター 6B (株)ニコン 3 1979-1984
15 投影機 V16D、6C (株)ニコン 3 1981.7
16 真円度、表面粗さ測定機 EC-1020A、SE-40H (株)小坂研究所 2 1979.1-4
17 マイクロハイト HITE600 TESA 1 2004.9
18 デジタル測長機など (株)ニコン、(株)東京精密 他 約20
19 3D CAD/CAM NX、I-DEAS (株)ISIDテクノソリューションズ 2
20 電気炉 F1101-5002 2